現在実施中の人気セール!

マウスコンピューターセール画像 1

BTOパソコン・ゲーミングPCの販売を手掛ける大手通販ショップ『マウスコンピューター』。 同サイトにおいて、RTX4000&3000台のハイエンドグラボを搭載したゲーミングPC等について、最大35,0 ...

フロンティア『ボーナスセール 極上』開催 2

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、ハイエンドゲーミングPCをお得な割引価格で購入できる『ボーナスセール 極上 ...

フロンティア 夏の総力祭セール 3

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、RTX3000台およびRTX4000台など、人気の高いグラフィックボードを ...

※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

ガジェットレビュー スマホジンバル

『Hohem MT2 Kit』レビュー | スマホ・一眼カメラ対応、3軸手ブレ補正機能搭載の高性能ジンバル

レイ(管理人)

最新ガジェット大好きな中国在住WEBコンテンツクリエイター。日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

最近では、初心者でもSNS上に動画や画像を投稿して人気を得たり、いわゆる "インフルエンサー" として企業案件を獲得するような一般人も増えてきた。

SNS上で人気を得るには、言うまでも無くクオリティの高いコンテンツを投稿する必要がある、ブレブレで見づらい動画をアップロードしても、誰も見てくれないだろう。

そこで今回は、誰でも簡単に品質の高い映像・画像を撮影できるスマホ&カメラ用ジンバルHohem MT2 Kitを紹介したいと思う。

ブランド Hohem
型名 Hohem MT2 Kit
専用アプリ あり
接続方式 Bluetooth
対応デバイスサイズ 幅 60〜97mm、重量 ≤ 1200g
バッテリー 2,600mAh
連続稼働時間 最大17時間
充電時間 約3時間
可動範囲 パン: 360、ロール: 320、チルト: 320°
本体重量 約653g

今回紹介する『Hohem MT2 Kit』は、スマートフォンや一眼カメラなどを取り付けることの出来る、手ぶれ防止スタビライザー(スマホジンバル)だ。

hohem MT2は、 幅5.27インチ、高さ3.96インチ、カメラの厚さとレンズの長さを合わせて6.94インチまでの機器の接続をサポートしている。 ミラーレスカメラ、ポケットカメラ、アクションカメラ、スマートフォンのいずれでも対応可能だ。また、MT2本体はわずか約653gであり、長時間の手持ち撮影でも手の関節に負担をかけず、アウトドア撮影にも最適だ。

▼幅 60〜97mm、重量 ≤ 1200gまでのデバイスを取り付けることが出来る。

ジンバル前面にはOLEDディスプレイが搭載されており、動作状況、Bluetooth接続状況や充電残量などの情報を一目で把握できる。ジンバルのモードに関しても、手元のボタンから簡単に切り替え、直感に操作できるよう綿密に設計されている。

アップグレードされたhohem 7.0手ぶれ補正アルゴリズムにより、従来モデルと比べて安定性が30%向上。次世代の手ぶれ補正で驚くほどスムーズな撮影を体験できる。

そしてAIトラッカー機能を搭載し、被写体の動きを正確に追従して画面の中心に捉え続けて撮影することも可能。 簡単なジェスチャーでトラッキングモードを遠隔制御することができ、コンテンツクリエイターから動画ブロガーまで、誰でもプロ級の映像を撮影できる便利なガジェットとなっている。

マルチ4.0クイックインストールシステムを搭載し、付属のL-ブラケットで簡単にカメラを取り外し可能。90°回転させて3軸ジンバルに取り付けるだけで、あっという間に縦横の切り替えを行うことが出来る。

わずか3秒で切り替えることができるのは、hohemだけの特権だ。クイックリリースプレートはARCA規格に厳密に準拠しており、高い互換性がある。また、hohem MT2の筐体には複数の拡張ポートが用意されており、他の機材を自由に追加してクリエイティブな撮影を楽しめるようになっている。

ジンバルには2,600mAhの大容量バッテリーが内蔵されており、最長動作17時間を実現。一日中アウトドア撮影を続けても問題ない。 また逆充電(リバースチャージ)機能に対応しており、スマホ等のモバイル電源としても機能する。

柔軟性が高いジンバルは縦向き撮影にも対応可能。ソニーZV-E10のようなフリップスクリーンを搭載するカメラでは、縦位置での自撮りが簡単にできるようになる。 縦位置モードで魅力的なコンテンツを撮影してみよう。

製品本体および付属品

▼外箱の様子

▼付属品すべてを収納できるバッグが付属している。

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧は以下の通り。

【内容物一覧】

  • hohem MT2
  • フィルライト
  • 三脚
  • L-ブラケット
  • カメラクイックリリースプレート
  • スマートフォンクイックリリースプレート
  • アクションカメラ用アダプタ
  • つまみネジレンチ
  • つまみネジ
  • Type A - Type Cケーブル
  • Type C - Type Cケーブル
  • Type C - Micro USBケーブル
  • Type C - Mini USBケーブル
  • Type C - Multiコントロールケーブル
  • Type C - TRRS(2.5mm)ケーブル
  • Type C - TRS(2.5mm)ケーブル
  • Type C - TRS(3.5mm)ケーブル
  • 収納バッグ
  • ユーザーマニュアル

▼ユーザーマニュアルは日本語に完全対応。

▼非常に充実したケーブル類が付属。幅広いデバイスの接続に対応できる。

▼スマホやカメラを瞬時に着脱できる、クイックリリースプレートなども揃っている。

▼スマートフォンクイックリリースプレート

▼カメラクイックリリースプレート

▼L-ブラケット

付属品が非常に充実している点も、本製品の魅力の1つだ。

▼ジンバルの外観。折りたたんだ状態だと比較的コンパクト。

▼本体重量は約653gであり、この手のジンバルの中では軽量な方だが、手に持つとややズッシリ感がある。

▼本体正面。ディスプレイジョイスティックM(モード)ボタンズームレバーが搭載。

▼左側面。多機能コントロールホイールA-Bモーションボタンが搭載。

▼右側面。充電用Type-Cポート電源ボタンポジショニングホール1/4インチ -20UNCポートが用意。

▼背面。パン軸ラッチトリガーが搭載。

▼底部には1/4インチ -20UNCポート、およびストラップポートが用意。

▼付属の三脚を取り付けることで、持ち手を延長できるほか、スタンドとしても機能する。

▼上部の様子。

▼パン軸調整アーム。

▼ロール軸調整アーム。

▼様々なデバイスをセットしたクイックリリースプレートを取り付けることの出来る、サポートマウント。

▼上部チルトモーターの側面には、Type-C逆充電ポートType-Cカメラコントロールポートが用意。装着デバイスに対して、ジンバルから逆充電を行うことが出来る。

▼ジンバル上部には1/4インチ -20UNCポートが用意。

このように、極力コンパクトに抑えた筐体サイズに対して、非常に豊富なインターフェースが搭載された多機能スマホジンバルとなっている。

AI追跡機能搭載の磁気フィルライト

そして『Hohem MT2 Kit』のパッケージでは、AIビジョンセンター付きマグネティックフィルライトが装着されている。

▼磁気で吸着しているため、簡単に取り外しが可能。

ジンバルの使用開始まで

ジンバルを使用開始するまでの手順を紹介していく。

専用アプリの準備

まずは 専用アプリ(iOS・Android対応)を無料インストールしておく必要がある。

Hohem Joy

Hohem Joy
開発元:Shenzhen Hohem Technology Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ

ジンバルにデバイスを取り付ける

アプリインストール後、撮影デバイスをジンバルに取り付けよう。

今回のレビュー時には、スマートフォンをジンバルに取り付けて使用してみた。

スマホを取り付ける場合、まずは「スマートフォンクイックリリースプレート」にスマホをセットする。

続いて、スマホを取り付けた状態のプレートを「L-ブラケット」にスライドさせて取り付ける。

そして、スマホとプレートを取り付けた状態のL-ブラケットを、ジンバル上部のサポートマウントへ取り付ける。

以上でスマホの取り付けは完了だ。

なお、L-ブラケットを90度傾けてサポートマウントへ取り付けることで、スマホを縦向きに装着することも出来る。

このように、あらかじめ撮影デバイスをクイックリリースプレートに取り付けておくことで、装着向きを瞬時に変更したり、別の撮影デバイスとスピーディに交換することが可能となっている。

利便性を考え抜いて設計されたデザインだと言える。

ジンバルのロックを解除

デバイスを装着したら、使用開始に向けて各可動部のロックをすべて解除しておこう。

ロック解除を行っていない箇所がある場合、ジンバル起動時にビープ音が鳴り続け「ERROR 03」が表示される。

デバイスとジンバルの接続(ペアリング)

最後に、デバイスとジンバルの接続(ペアリング)を行う。※スマホ接続時の場合

▼ジンバル本体の電源を入れると、アプリ画面から機器が選択可能となる。

接続が完了すると、アプリの撮影画面上でジンバルのバッテリー残量も表示されるようになる。

なお、一度接続(ペアリング)を完了しておけば、2回目以降はジンバルを起動すると自動的にスマホに接続されるようになる。

決定的瞬間に出くわして、瞬時に撮影を開始したい場合にも助かる手軽さだ。

撮影開始

アプリを起動し、メイン画面より "撮影開始ボタン” をタップするだけで撮影を開始できる。

これだけの手順で、ジンバルの使用が可能となる。初めて扱う方でも問題なくセットアップを完了することができるだろう。

片手であらゆる操作が完結する

実際にスマホを装着して、ジンバルを操作してみた。

上述した通り、本製品には前面にすべての操作インターフェースが集約されており、ほぼすべての操作について、ジンバルを持つ片手で行うことが可能だ。

▼正面の撮影ボタンを押して撮影・録画を開始。

▼撮影ボタン縁のレバーを上下させることで、ズームイン/アウトの調節が可能。

▼アナログスティックでジンバルのアームを操作できる。

▼実際に操作している様子

正面のM(モード)ボタンを押すことでモードを切り替えることができる。現在のモードはディスプレイ中央に表示される。

用意されているモードは以下の通り。

  • PTF(パンチルトフォロー)モード
  • PF(パンフォロー)モード
  • L(ロック)モード
  • POV(ポイント・オブ・ビュー)モード
  • S(スポーツ)モード
  • ICP(インセプション)モード

▼左側面の多機能コントロールホイールをを押すと、ホイールを回転させた際の操作を切り替えることができる。

  • 1回押す:オプションの選択
  • 2回押す:フォーカス/ロール切替
  • 3回押す:CCT/RGB切替
  • 長押し:CCTフィルライトまたはRGBライトのオン/オフ切り替え

▼現在の機能はディスプレイ左側に表示される。

機能をセットした後、ダイヤルを回すことで各パラメータを調節することができる。

▼実際に操作している様子

また、ホイール横のA-Bモーションボタンを押すことで、タイムラプス動画を撮影する際にスタート/エンドポイントを設定できる。

  • ボタンA/Bを長押し:スタート/エンドポイントを設定(成功するとビープ音が鳴る)
  • ボタンA/Bを1回押す:ポイントA/ポイントBに素早く戻る
  • ボタンA/Bを2回押す:現在のポイントからポイントA/ポイントBに一定の速度で戻る

そして背面トリガーを押すことで、各種撮影モードの切り替えを行うことができる。

  • トリガー長押し:スポーツモード「S」
  • 2回押す:スタビライザーを再度センタリング
  • 3回押す:逆180°パンニング回転
  • ダブルタップして後のタップを長押しする:オールロック(放すと1つ前のモードに戻る)

▼実際に切り替えている様子

このように、ジンバルに搭載された多彩なボタン、レバー、トリガー類を使用することで、非常に多くの機能を利用することができる。上動画を見ても分かる通り、操作に対する反応は良好であり、操作遅延などは特に見られなかった。

ただ、機能がとにかく多く複雑なため、初めて扱う時は各機能の操作方法を憶えるのに苦労するかもしれない。

なお、向き変更等の速度は設定画面より柔軟に変更することができる。反応速度を自分好みにカスタマイズすると良いだろう。

▼アプリ上で動作に関する細かな調節が可能。

その他にも、高クオリティな写真・動画撮影をサポートする多くの便利機能が搭載されている。本格的な利用を開始する前に、一通りアプリに目を通しておくと良いだろう。

高度な手振れ防止機能

上述したように、本製品には独自の手振れ防止技術が搭載されている。

そのため、激しくジンバルを振った場合でも、ブレや残像をほとんど感じさせない映像を記録できるようになっている。

▼実際に振ってみた様子。

動画を見ても分かる通り、ジンバル本体を様々な角度に傾けても、スマホは一定角度・方向のみを安定して撮影している。

▼実際にジンバルを振りつつ撮影した映像

上動画は大きくジンバルを振りかざしながら撮影を行っているが、滑らかかつ安定した動画が撮影できている。

以下に手振れ防止が優秀であるかが分かると思う。ブレを防止できているおかげで不快な残像なども発生していないため、視聴者にとってストレスのない動画となっている。

動画の質を重視したいインフルエンサーであれば、まさにうってつけの機能であると言える。

▼様々な持ち方が可能。撮影場面や場所に応じて柔軟に使い分けることができるだろう。

高精度AI顔追跡&ジェスチャーコントロールによる快適な自撮りが可能

アプリには自撮り撮影用の美顔フィルタなども用意されており、自撮りインフルエンサーにとっては助かるだろう。

手振れ防止ジンバルとしてだけでなく、単純な自撮り棒としても優秀なガジェットとなっている。

そして上部に取り付けられたAI追跡機能搭載の磁気フィルライトを使用することで、ジェスチャーコントロールおよび自動顔追跡機能を利用することが可能だ。

▼アプリ側でジェスチャーコントロール機能をONに。

▼フィルライト側面のAIスイッチをONに入れる。

そしてカメラから0.5~1.5m離れた場所で、指で "OK" のカタチを作ると、ジェスチャーが認識され自動顔追跡が開始される。

するとフィルライト正面のインジケータライトが緑色に点灯し、自動顔追跡が開始される。

▼実際にトラッキングさせて撮影した様子

▼トラッキング中のジンバルの様子

撮影後はカメラに向かって "パー" のジェスチャーを行うことで、自動顔追跡が終了する。

上動画を観ても分かる通り、被写体(私)が常にカメラ内に収まるように追跡することが出来ている。

AI自動追跡機能の精度は高く、素早くカメラの範囲外へ動いた場合でも、被写体を逃すことはなかった。

ジンバルの可動範囲はパン: 360、ロール: 335、チルト: 335°と非常に広いため、身長179cmの筆者がカメラから1.5mほどの距離で試用した場合でも、腰を曲げる必要もなく、顔をしっかりと撮影できていた。

そしてジェスチャーコントロールの認識精度も実に優れており、実際に使用していて認識ミスを起こすことはほとんどなかった。

撮影開始&終了、そして自動追跡の切り替えを行う場合にもいちいちスマホやスタンドを操作する必要が無いため、ウェブ会議、オンライン授業などで撮影に集中したい場合にも、実に重宝する機能だろう。

静音性に優れている

本製品の静音性は実に優れており、電源を入れる時、トラッキングでカメラスタンドが回転する時などに、音は一切聞こえてこない。

稼働音がしないため、動画録画中に雑音やノイズ等が入り込むこともなかった。

映像・音声の両面で高品質な動画を撮影できるスマホジンバルとなっている。

長持ちするバッテリー

そして本製品は2,600mAhの大容量バッテリーを内蔵していることもあり、充電が長時間持続する。

実際に使用してみたところ、丸1週間(計15~16時間)ほどは充電なしで試用し続けることができた。いちいちバッテリー残量を気にせずに、外出先でも長時間利用出来る点は嬉しい。

▼バッテリー残量が低下した場合も、約2~3時間ほどであっという間に満充電することが可能。

そして本製品は逆充電(リバースチャージ)に対応しており、緊急時のモバイルバッテリー代わりとしても利用できる。

▼上部の逆充電用Type-Cポートを利用。

アウトドア派の撮影者にとって、まさにうってつけのジンバルだと言える。

『Hohem MT2 Kit』のまとめ

今回紹介した『Hohem MT2 Kit』について、特長をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • 携行に便利なケースが付属
  • 充実したパッケージ内容
  • 非常に多くの機能が搭載されたジンバル本体
  • 幅広い撮影デバイスの装着に対応
  • 操作に対する反応性が良好
  • 高度な手振れ防止機能
  • 専用アプリの機能が豊富
  • 高精度な顔自動追跡&ジェスチャーコントロール機能
  • 長持ちする大容量バッテリー
  • リバースチャージに対応

悪かった点

  • ジンバル本体がそこそこ重い
  • デバイス装着状態でジンバルを持ち続けると、腕が疲れてくる。
  • ジンバルの可動部が熱をもつ

以上の通り、プロ並みの高品質映像を撮影できる多機能・高性能なジンバルとなっている。

ただ高機能なだけでなく、片手でほとんどの機能にアクセスできるデザインがなされており、全体的にユーザービリティが高いと感じた。操作に対する反応性も良好であり、必要に応じて動作読度を自分好みにカスタマイズできる点は嬉しい。

豊富なマウント、ケーブル類が付属しており、スマホから一眼カメラまで、幅広いデバイスへの互換性がある点もGOOD。

そして何より、手振れ補正機能は圧倒的であり、実際に手を大きく振って撮影した映像も、まるで定点カメラのように安定していたことには驚かされた。

高精度な顔自動追跡、ジェスチャーコントロール機能なども搭載されているため、オンライン授業やリモート会議、そして動画サイトへの配信目的でも重宝するだろう。

ただ、撮影デバイスを装着したジンバルは合計1k以上になるため、片手で長時間撮影を続けていると腕が疲れてくるかもしれない。

何はともあれ、SNSへの投稿にはまっており、プロ並みにクオリティの高い映像を撮影したいのであれば、ぜひ本製品のようなジンバルの購入を検討してはいかがだろうか。

▼こちらの記事もオススメ

『Hohem M6 Kit』レビュー | AI追跡機能搭載、高精度な3軸手ぶれ補正を採用した多機能スマホジンバル

最近では、初心者でもSNS上に動画や画像を投稿して人気を得たり、いわゆる "インフルエンサー" として企業案件を獲得するような一般人も増えてきた。 SNS上で人気を得るには、言うまでも無くクオリティの ...

続きを見る

『Hohem XE Kit』レビュー | 自動追跡&ジェスチャーコントロール対応の高性能スマホジンバル

最近では、初心者でもSNS上に動画や画像を投稿して人気を得たり、いわゆる "インフルエンサー" として企業案件を獲得するような一般人も増えてきた。 SNS上で人気を得るには、言うまでも無くクオリティの ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. PCソフトダウンロード
  3. タブレット
  4. シャオミのRedmi Pad SE(4GB+128GB)を購入すると純正スタイラスペンを1つ無料でプレゼント
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. Xiaomi 13T ProとXiaomi Pad 6を同時に購入するとどちらも20%オフに
  14. タブレット
  15. スマートフォン関連製品
  16. PCソフトダウンロード
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ソニー ネックスピーカーSRS-NB10とDell PCモニターDell S2721QSのまとめ買いキャンペーン
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ミニ
  2. ミニ
  3. ミニ
  4. タワー
  5. ミニ
  6. ミニ
  7. タワー
  8. ミニ
  9. ミニ
  10. タワー
  11. ミニ
  12. タワー
  13. タワー
  14. ミニ
  15. ミニ
  16. ミニ
  17. タワー
  18. ミニ
  19. タワー
  20. ミニ
  1. 標準型ノートパソコン
  2. 標準型ノートパソコン
  3. 標準型ノートパソコン
  4. 標準型ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. 標準型ノートパソコン
  7. 標準型ノートパソコン
  8. 標準型ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. 標準型ノートパソコン
  11. 標準型ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. スマートフォン関連製品
  15. 標準型ノートパソコン
  16. 標準型ノートパソコン
  17. 標準型ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン

関連コンテンツ

ガジェットレビュー 一覧

  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好きな中国在住WEBコンテンツクリエイター。日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-ガジェットレビュー, スマホジンバル
-, , , , , ,