現在実施中の人気セール!

マウスコンピューターセール画像 1

BTOパソコン・ゲーミングPCの販売を手掛ける大手通販ショップ『マウスコンピューター』。 同サイトにおいて、RTX4000&3000台のハイエンドグラボを搭載したゲーミングPC等について、最大35,0 ...

フロンティア『ボーナスセール 極上』開催 2

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、ハイエンドゲーミングPCをお得な割引価格で購入できる『ボーナスセール 極上 ...

フロンティア 夏の総力祭セール 3

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、RTX3000台およびRTX4000台など、人気の高いグラフィックボードを ...

※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

ガジェットレビュー スマホ・タブレット

『Blackview N6000』レビュー | 防水防塵・耐衝撃規格の4.3インチミニタフネススマホ

レイ(管理人)

最新ガジェット大好きな中国在住WEBコンテンツクリエイター。日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

世界市場、特にヨーロッパ、アフリカ、アジアで多くのモバイルデバイスをリリースしてきたBlackviewは、2023年7月に同ブランド初となるミニタフネススマートフォン『Blackview N6000』をリリースした。

4.3インチディスプレイを搭載した小型の筐体は、MIL-STD-810H規格の耐久性およびIP68・IP69K等級の防水・防塵規格に対応。小型かつ頑丈なミニスマートフォンとなっている。

ブランド Blackview
モデル名 Blackview N6000
カラー ブラック, オレンジ
防水防塵規格 IP68&IP69K
耐衝撃規格 MIL-STD-810H
ディスプレイ 4.3インチ(Gorilla Glass 5コーティング)
解像度 1200×540
リフレッシュレート 60Hz
OS DokeOS 3.1(Android 13ベース)
CPU(SoC) MTK Helio G99 オクタコアプロセッサー
RAM 8GB LPDDR4X(最大16GBまでの拡張に対応)
ストレージ 256GB UFS2.1
マイクロSDカード 対応(最大1TBまで)
SIMカード デュアルnano SIM対応
対応通信規格 Wi-Fi(IEEE802.11 a/b/g/ n/ac)
Bluetooth, GPS
NFC:対応
対応バンド LTE_FDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/30/66
LTE-TDD:B34/38/39/40/41
WCDMA: B1/B2/B4/B5/B8
CDMA:BC0/BC1/BC10
GSM: 850/900/1800/1900
搭載カメラ フロント:16MP
リア:48MP
バッテリー容量 3,380mAh(18W急速充電対応)
本体サイズ 133×65.25×18.4mm
本体重量 約208g

MediaTek Helio G99オクタコアプロセッサー搭載、最大16GBまで拡張可能なRAMと256GBの内部ストレージを採用。Android 13ベースのDokeOS 3.1を採用。そしてBlackviewの独自テクノロジー「ArcSoft® 5.0アルゴリズム」を搭載した16MP+48MPのカメラが内蔵されるなど、小型ボディに優れたスペックを詰め込んだタフネスモデルとなっている。

重さわずか208g、幅65.25mmという携行性に優れたコンパクトサイズのN6000は、手のひらにしっかりとフィットし、片手でのラクラク操作を可能にしている。「コーニングゴリラガラス」で保護された4.3インチのQHD+ディスプレイは文字サイズを自由に調整可能。小さな画面でも情報をハッキリと確認できる。

また、Smart-PA超線形ボックススピーカーを搭載しているため、通話から動画視聴まで、快適なサウンド体験を実現している。

厳しい環境に立ち向かうために作られたN6000は、クラシックなBlackviewのデザインと、固体電池(ソリッドステートバッテリー)などの選ばれた材料を採用することで、より高い耐久性を実現している。

「IP68&IP69K」の防水防塵規格、そして軍事レベル耐久規格である「MIL-STD 810H」の認証を取得している。これにより、15mの水中で30分間の防水試験、5mからの落下試験および60mの投げ試験、最大20,000kgの重量に耐える耐衝撃試験をクリアするほどの頑丈さを実現している。

また、-40℃から80℃までの極端な温度にも耐えることができる。

N6000には、小さなボディながら3,880mAhのバッテリーが搭載されており、高エネルギー密度の固体電池(ソリッドステートバッテリー)のおかげで、最大18日間のスタンバイ状態維持が可能となっている。

N6000は、MediaTek Helio G99オクタコアプロセッサーと最大16GBまでの拡張に対応したRAMを搭載しており、Antutuベンチマークで403,181のスコアを達成している。また、多くのデータを保存するために256GBの内部ストレージが用意。

また、N6000はAndroid13をベースとした独自OSの「DokeOS 3.1」を採用しており、シンプル化されたインターフェースと、StepCountアプリやToolKitアプリなどのユーザー向けの新しいアプリにより、利便性が向上、ユーザーのプライバシー保護とセキュリティもより高まっている。

ユーザーの多様な写真撮影ニーズに対応するため、N6000には「48MP Samsung®製リアカメラ(テトラピクセル技術&スーパーPDオートフォーカス&スマートISO)」が搭載されており、優れた撮影能力を実現している。これにより、昼夜問わず、室内外問わず同じクリアさで撮影することができる。

また、16MPのフロントカメラ(Quad Bayerカラーフィルターアレイ&Re-mosaicアルゴリズム)を搭載することで、より高い色精度で自然な色合いの自撮りを可能としている。さらに、最新の「ArcSoft® 5.0アルゴリズム」と様々なカメラモード(HDR、ナイトモード、美顔モード、ポートレートモード、パノラマ)を組み合わせることで、写真の結果を従来モデルよりも15%改善している。

N6000は他にもプロモードや美顔モード付きの2Kビデオ録画などの機能を組み込んでおり、ユーザーが忘れられない瞬間を逃さないよう、驚くべき写真撮影能力を実現している。

さらに、4-in-1ナビゲーションシステム採用、デュアルnanoSIM対応、NFCサポート、指紋認証と顔認証にも対応しており、ユーザーの生活をより便利にするミニタフネススマホとなっている。

製品本体および付属品

▼外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧は以下の通り。

【内容物一覧】

  • スマホ本体
  • ユーザーマニュアル
  • 電源アダプタ
  • USB Type-Cケーブル

▼スマホの外観。4.3インチディスプレイを搭載したコンパクトデザイン。ディスプレイにはGorilla Glass 5コーティングが施されており、ひび割れ等の傷が付きづらくなっている。

▼前面中央には16MPのフロントカメラが内蔵。

▼背面の様子。

▼背面には48MPのリアカメラが内蔵。カメラ横にはサウンド出力用のスピーカー穴が用意されている。

▼133×65.25×18.4mm、約208gの筐体サイズは非常にコンパクトかつ軽量であり、手のひらにすっぽり収まる小ささ。

▼MIL-STD-810H規格の耐久性およびIP68・IP69K等級の防水・防塵規格に対応した筐体は非常に堅牢で、手に持つだけで頑丈さが伝わってくる。

▼ちょっとやそっとの衝撃で壊れることはない。

▼PCマウスと大差ないサイズ感。

▼厚みは18.4mmと一般的なスマホよりも分厚いが、ズボンのポケット等にも十分に入る薄さだ。

続いて、インターフェースについて紹介していく。

▼本体左側面。カードスロットおよびファンクションキーが搭載。ファンクションキーには好みのアプリを割り当てることが出来る(後述)。

カードスロットは水や塵の侵入を防ぐためキャップで保護されている。

▼指でスロットを開き、デュアルnanoSIMカードもしくはマイクロSDカードの挿入が可能だ。

▼右側面には電源ボタン音量調節ボタンが用意。電源ボタンは指紋認証に対応している。

指紋認証の精度は良好。指をパッとかざすだけでデバイスのロックを解除できる。

▼上部の様子。

▼下部の様子。キャップに保護されたType-Cポートが用意されている。

このように、コンパクトな筐体に最低限のポート類が搭載されたシンプルなデザインとなっている。

AnTuTuベンチマークテスト

本機について、スマホ・タブレット端末の性能を測ることのできる『AnTuTuベンチマークテスト』を実施してみた。

▼Android端末におけるAnTuTuベンチマークテストの実施方法はコチラを参照

Android端末でAnTuTuベンチマークテストを行う超簡単な方法(2023年時点)

スマートフォン・タブレットなどのモバイル端末のスペック(スコア)を計測することのできるツールとして、『AnTuTu Benchmark』(アンツツ ベンチマーク)というものがあります。 AnTuTuと ...

続きを見る

結果として、約40.2万点のスコアを記録した。

同価格帯のスマートフォンの中では、かなり高いスコアを記録できた。

一般的なスマホ用途に用いる分には、十分に実用的な性能のモデルだと言える。ウェブサイト閲覧や動画視聴はもちろん、仕事作業、ゲーミングまで幅広い用途に活用できるだろう。

小さいが操作しやすい3.03インチディスプレイ

本製品のディスプレイサイズは4.3インチと非常に小さいが、操作性に関しては一般的なスマホと遜色はなく、タッチ文字入力の際も誤入力を起こすことは少なかった。

▼仮想キーボードは小さいが、慣れればミスタッチを起こさずスムーズな入力が可能だ。

▼スマホ画面のキャプチャ。

ディスプレイ解像度は1200×540だが、画面も小さいため、十分に鮮明でクリアな映像を楽しむことができた。

▼ウェブサイト閲覧時。一度に表示される情報量が限られるため何度も画面をスクロールする必要があるが、小さな文字までクリアに描画されるため、閲覧自体に支障はなかった。

▼ゲームや映画、アニメなどでもカラフルな映像を楽しめる。

一般的なスマホ用途は快適にこなせる

本機のパフォーマンスを確認すべく、ウェブサイト閲覧時・動画視聴時の動作について検証した。

ウェブブラウジングは基本的に快適であり、画像が多めのサイトや、処理の重いサイトであっても スムーズに閲覧することが出来た。

▼ほとんどのウェブサイトが一瞬で表示される。

また、YouTubeやネットフリックスなどの動画サイトを閲覧した場合においても、スピーディかつ滑らかな動画再生が可能であった。

▼高画質設定の美しい映像を、スムーズに視聴することが出来る。

ただし、WidevineがL3サポートな点はやや残念だ。

以上の通り、ウェブサイト閲覧や動画視聴といった一般的なスマホ用途に関しては、何の問題もなく快適に行うことが出来た。

サウンド品質はイマイチ

本機のスピーカーについて、音質を確認してみた。

本製品は背面にスピーカーを1基内蔵しているのみであり、音圧は弱く、音に立体感も無い。

音がくぐもって聴こえるため、中~高音域に関しても響きが良いとは言えなかった。

音質に関してはイマイチと言わざるを得ないだろう。

迫力のあるサウンドを楽しみたい場合は、イヤホン等の利用をオススメする。

実用的なフロント・リアカメラ

また、本機に搭載されていカメラについても確認した。

▼実際にフロント(前面)カメラで撮影した画像。

フロントカメラに関して、画質は概ね良好であり、全体的に明るく、ヒトの輪郭から表情までクリアに映し出すことが出来ていた。

発色も自然で肉眼で見た場合に近い。激しく動いても気になるレベルの残像は発生しないため、見づらさを感じることもかなった。

自撮りだけでなく、ウェブ会議や授業など、オンライン通話用途に利用しても問題のない品質だ。

▼リア(背面)カメラで撮影した画像。

48MPの高解像度リアカメラを搭載していることもあり、フロントカメラ以上に鮮明で美しい写真を撮影することが可能であった。発色も良く、肉眼で見た場合に近い色合いを実現している。

上画像を見ても分かる通り、近景・遠景(5倍)のいずれに関してもクリアに撮影することができていた。

旅行や記念撮影用のカメラとしても十分に活用できる品質だと言える。

便利なファンクションキー

本製品の左側面には、ユーザーが好きなアプリを割り当てることのできるファンクションキーが用意されている。

▼オレンジ色のボタン。

このファンクションキーには、設定より1回押し・長押しした場合に起動する好みのアプリを割り当てることが可能だ。

利用頻度の高いアプリを割り当てておくことで、ファンクションキーから瞬時にアプリを起動できるため、使いこなせれば実に便利な機能だ。

ゲーミング性能の確認

本機を用いて各種ゲームアプリを遊んだ際のパフォーマンスについても確認していく。

『統合版マインクラフト(旧PE)』プレイ時

まず『統合版マインクラフト(旧PE)』の場合について。

ワールドを作成して実際にプレイしてみたが、スムーズで快適に操作することが出来た。

▼チャンク読み込み時にも全く重さを感じない。

▼処理の重くなりがちなバイオームでも、フレームレート低下やカクつきを感じることは無かった。

クリエイティブやサバイバル、またはマルチサーバーに参加した際などにも、パフォーマンスは非常に安定しており終始スムーズなゲーミングが可能であった。

多くのアドオンを導入したり、友人らと多人数マルチサーバーに参加した場合でも、スムーズな動作を実現することが出来るだろう。

▼マイクラのようにシンプルな操作性のゲームであれば、4.3インチ画面でもそこそこ快適に操作することが可能であった。

『PUBG』プレイ時

続いて『PUBG』の場合について。

まずグラフィッククオリティに関しては『HD』までを選択することが出来た。

実際に試合に参加してみたが、大人数のプレイヤーが密集する場所においても、処理落ちやカクつきなどはほとんど生じず、終始快適なゲームプレイが可能であった。

▼近くのテクスチャから遠くの風景まで、美しく描画される。

▼激しく動き回っても、ラグやフレームレート低下などを感じることはほとんどなかった。

ただ、PUBGのように煩雑な操作を要求されるゲームでは、4.3インチ画面は狭く感じ、誤操作を起こしやすかった。

『原神』プレイ時

最後に "激重" ゲームとしても有名な『原神』の場合について。

非常に重いゲームアプリとして有名な『原神』であるが、本機では設定さえ調整すればスムーズにプレイすることが可能であった。

▼画質設定はデフォルト状態で "最低" に設定されており、デバイス負荷は "スムーズ" の状態。

▼画質設定を "" まで上げるとデバイス負荷も高まるが、依然としてスムーズな動作が可能であった。

▼さすがに画質設定を中以上に上げると負荷は "非常に高い" の状態となり、顕著なフレームレート低下が発生した。

『Blackview N6000』では、"低" 画質程度まで設定を抑えれば、原神を比較的スムーズに遊べるという結果であった。

▼低画質設定でも、十分に綺麗な映像でゲームを楽しむことが可能だ。

中画質以上の設定ではフレームレート低下が生じまともなプレイは難しいが、低画質であれば、激しく動いた場合でもカクつきや遅延を感じることはほとんどなかった。

ただ、やはり原神も複雑な操作を要求されるゲームのため、小さな4.3インチの画面上の仮想コントローラでプレイするには限界を感じた。

そこそこ長持ちするバッテリー

本製品には3,380mAhのバッテリーが内蔵されている。

公式は8時間の動画再生、45時間の音楽再生、15時間の通話が可能と謳っているが、実際にウェブサイト閲覧や動画視聴で『Blackview N6000』を使用した場合、1回の充電で計9時間ほどのスマホ利用が可能であった。

普通にスマホを利用する分には、充電なしで丸1日はバッテリーをもたせることは可能だろう。ただアウトドアな場面に持参する場合は、予備のポータブルバッテリーを一緒に携行すると安心できるだろう。

なお本製品は18W急速充電に対応しており、バッテリー残量をスピーディに回復できる点が嬉しい。

『Blackview N6000』のまとめ

今回紹介した『Blackview N6000』について、特長をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • 携行性に優れたコンパクト・軽量なデザイン
  • 高い防水防塵・耐衝撃性能
  • 便利なファンクションブルキー
  • 実用的なスペック
  • ゲームアプリもある程度快適に遊べる
  • 性能の高い内蔵カメラ
  • 性能に対して比較的リーズナブルな価格

悪かった点

  • スピーカー品質はイマイチ
  • 初めのうちは小さな仮想キーボードのミスタッチが多い

以上の通り、非常にコンパクトなサイズに対して、十分に実用的な性能を擁するミニスマホとなっている。携行性に優れており、メインスマホとしては心もとないが、デュアルnano SIMの挿入に対応しており、サブスマホとしては十分に使えるだろう。

何より筐体が頑丈で、ちょっとやそっとの衝撃を加えたり、浅瀬に水没した場合でも故障することはないだろう。アウトドアな場面へ持参するにはうってつけのモデルと言える。

ディスプレイの発色はカラフルで美しく、ウェブブラウジングからゲームプレイ、動画視聴まで満足度の高い体験が可能であった。カメラはフロント・リアのいずれに関しても優れており、記念撮影、オンライン通話など幅広い用途に活用できだろう。

基本的なスペックも高く、原神レベルのゲームアプリでも設定次第ではスムーズに遊ぶことができた。ただし画面が小さいため、複雑な操作を要求されるゲームには向いていないだろう。

携行性に優れ、性能も実用的。なにより頑丈なスマホを1つ持っておきたいのであれば、本製品は間違いなく選択肢に入れて良いだろう。

▼こちらの記事もオススメ

『Blackview Tab 16』レビュー | 充実したパッケージの高コスパ11インチ型Androidタブレット

ヨーロッパ、アフリカ、アジアで多くのモバイルデバイスをリリースしてきたBlackviewは、同社の最新タブレット『Blackview Tab 16』について、2023年3月より販売を開始した。 リーズ ...

続きを見る

『Blackview Tab 11 WiFi』レビュー | 充実したパッケージ内容の実用的なAndroidタブレット

ヨーロッパ、アフリカ、アジアで多くのモバイルデバイスをリリースしてきたBlackviewは、同社の最新タブレット『Blackview Tab 11 WiFi』について、2023年6月より販売を開始する ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. シャオミのRedmi Pad SE(4GB+128GB)を購入すると純正スタイラスペンを1つ無料でプレゼント
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. Xiaomi 13T ProとXiaomi Pad 6を同時に購入するとどちらも20%オフに
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. スマートフォン関連製品
  14. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥79,596
    新品最安値 :
    ¥79,596
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
    発売日 : 2023年07月27日
    価格 : ¥4,991
    新品最安値 :
    ¥4,991
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ミニ
  2. ミニ
  3. ミニ
  4. ミニ
  5. ミニ
  6. タワー
  7. ミニ
  8. タワー
  9. ミニ
  10. ミニ
  11. ミニ
  12. ミニ
  13. タワー
  14. タワー
  15. ミニ
  16. タワー
  17. ミニ
  18. ミニ
  19. ミニ
  20. ミニ
  1. 標準型ノートパソコン
  2. 標準型ノートパソコン
  3. 標準型ノートパソコン
  4. 標準型ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. 標準型ノートパソコン
  7. 標準型ノートパソコン
  8. 標準型ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. スマートフォン関連製品
  11. 標準型ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. 標準型ノートパソコン
  17. 標準型ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン

関連コンテンツ

ガジェットレビュー 一覧

  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好きな中国在住WEBコンテンツクリエイター。日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-ガジェットレビュー, スマホ・タブレット
-, , , , , , , , ,