現在実施中の人気セール!

マウスコンピューター 夏のボーナスSALE 第2弾 1

BTOパソコン・ゲーミングPCの販売を手掛ける大手通販ショップ『マウスコンピューター』。 同サイトにおいて、RTX4000&3000台のハイエンドグラボを搭載したゲーミングPC等について、最大50,0 ...

Frontier ボーナスセール FINAL 2

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、ハイエンドゲーミングPCをお得な割引価格で購入できる『ボーナスセール FI ...

フロンティア 夏の総力祭セール 3

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、RTX3000台およびRTX4000台など、人気の高いグラフィックボードを ...

※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

ゲーム関連 ニュース

SteamのPCゲームが遊べる携帯ゲーム機『Steam Deck』価格・性能・インターフェースを分かりやすく紹介

raim1030

ゲーム&3Dモデル制作が趣味!

海外のゲーム会社であるValve社は、PCゲームのダウンロード販売サイトである『Steam』のゲームを楽しめる、ポータブルゲーム機『Steam Deck』(スチームデック)を発売することを発表しました。

▼コンパクトでありながら広い画面が特徴的です。

▼Steam DeckからSteamにログインすると、PCで操作するように自分の所持するゲームのライブラリーを開いて、ゲームを楽しむことができます。

なお、『Steam Deck』は2021年12月に一部の地域で発売されることも発表されています。

2021年12月される地域

  • アメリカ
  • カナダ
  • ユーロ
  • イギリス

それ以外の地域では2022年を発売予定としています。

また、各モデルごとのメーカー想定販売価格は以下の通りです。

  • 64GBモデル:399ドル(約4万4000円)
  • 256GBモデル:529ドル(約5万8000円)
  • 512GBモデル:649ドル(約7万1000円)

なかなか高い値段ですが、Steamのゲームがいつでも遊べるのは魅力的ですね。

64GBモデルはeMMCであるのに対し、256GBモデルはSSD、512GBモデルにいたっては高速SSDを採用しているため、個人的には256GBモデルか512GBモデルをオススメしたいところです。

それでは『Steam Deck』の内容を分かりやすく紹介していきます!

持ち運び可能なSteam専用のゲーム機『Steam Deck』

▼任天堂から発売されている、「Nintendo Switch」ほどの大きさのポータブルゲーム機で、steamの最新のAAAタイトルも快適に動作します。

製品名称 Steam Deck
カラー ブラック
OS SteamOS 3.0
プロセッサ Zen 2+RDNA 2
グラフィックス AMD RDNA 2
メインメモリ 16 GB LPDDR5
ストレージ 64 GB eMMC / 256 GB NVMe SSD / 512 GB高速NVMe SSD
ディスプレイ 7インチ, 1280×800
インターフェース ・アナログスティック×2
・デジタルパッド(十字キー)
・XYBAボタン
・背面のグリップボタン
バッテリー容量 40Whrバッテリー。2~8時間のゲームプレイ
入力 45W USB Type-C PD3.0電源
接続 Bluetooth 5.0(コントローラ、アクセサリ、オーディオに対応)
本体サイズ 298mm x 117mm x 49mm
本体重量 669g

公式サイトはコチラ

▼『Steam Deck』紹介動画

瞬時にゲームを起動できる

▼『Steam Deck』では、たった3つの手順をこなすだけで、Steamライブラリーにアクセスしてゲームを楽しめます。

ゲーム起動までの手順

  • ①電源を入れる
  • ②Steamにサインイン
  • ③ゲームライブラリーからゲームを起動

たったこれだけの工程で、すぐにでもゲームが遊べます。

自分のプレイスタイルに合わせて購入できる

▼現在『Steam Deck』は、一部の地域で予約を受け付けており、2021年の12月に出荷を開始する予定です。

予約できるモデルは3種類あり、あまり外で遊ばない方は64GBモデルを買ったり、外で頻繁にゲームで遊ぶ方は512GBを購入するなどプレイスタイルに応じて選ぶことができます。

※別売りのmicroSDカードを挿入することでライブラリを拡張することもできます。

7インチタッチスクリーン

▼7インチ静電容量式マルチタッチディスプレイで、直感的な操作が可能です。

サムスティック

▼静電容量式タッチセンサーを内蔵しており、高い精度と快適な操作が行えます。

アナログトリガー

▼本体背面上部に設置されたアナログトリガーは、指が疲れにくい構造になっています。

クリップボタン

▼本体の背面に4つのボタンが搭載しており、キーの割り当て方の好みに応じて自由にカスタマイズが可能です。

トラックパッド

▼本体正面の左右に設置されたトラックパッドは、向上した精度とカスタマイズ性を備え、FPSなどで重要な素早い操作が可能です。

ジャイロ

▼本体を傾けることによって、「Nintendo Switch」などに搭載されているジャイロ機能と同じで、直感的に視点操作を行えます。

他のアクセサリに接続

▼『Steam Deck』はBluetooth接続に対応しており、USB-Cポートはあらゆる種類の入出力に対応しています。

例えば、格闘ゲームで必要になる、アーケードコントローラーなどのアクセサリーを接続することができます。

Deckをテレビに接続

▼別売りで発売される「ドック」をテレビ又はモニターなどに接続し、『Steam Deck』を設置することで外部ディスプレイ、有線ネットワーク、USB周辺機器、電源に接続をサポートします。

まとめ

このように、外でもSteamのゲームを快適に楽しむことができる、『Steam Deck』は世界中のSteamユーザーから注目されています。

ですが、現在は予約することができるのはアメリカ・カナダ・ユーロ・イギリスの4ヵ国のみで、おそらく日本での予約開始は2022年となってしまうのが残念です。

ともあれ、Steamのゲームが外出先で快適に遊べるようになるとは、いい時代になったと思います。

アメリカ・カナダ・ユーロ・イギリスでは2021年12月に発売されるので、使用した感想を早く聞きたいですね。

日本での予約開始アナウンスを楽しみに待ちましょう。

▼こちらの記事もオススメ

PC(Steam)版『スカーレットネクサス』を約30%オフで購入する方法を分かりやすく紹介!

注意 ※海外サイトからのゲームキーの購入は "アクティベーション不可" ・ "おま国" 等のリスクを伴います。 購入はあくまで自己責任でお願いいたします。 2021年6月24日、バンダイナムコエンター ...

続きを見る

PC(Origin)版『BF2042』を約30%オフで購入する方法を分かりやすく紹介!

注意 ※海外サイトからのゲームキーの購入は "アクティベーション不可" ・ "おま国" 等のリスクを伴います。 購入はあくまで自己責任でお願いいたします。 2021年6月9日、大規模対戦型FPSの人気 ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. 金利0% 6回払いが可能。買い取りも実施中
  3. PCソフトダウンロード
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. 電子玩具・キッズ家電
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. スマートフォン関連製品
  11. タブレット
  12. 電子玩具・キッズ家電
  13. タブレット
  14. スマートフォン関連製品
  15. タブレット
  16. シャオミのRedmi Pad SE(4GB+128GB)を購入すると純正スタイラスペンを1つ無料でプレゼント
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. 携帯型ゲームシステム
  3. タワー
  4. ミニ
  5. ミニ
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. タワー
  9. ミニ
  10. ミニ
  11. タワー
  12. ミニ
  13. タワー
  14. ミニ
  15. ミニ
  16. ミニ
  17. タワー
  18. ミニ
  19. ミニ
  20. タワー
  1. 標準型ノートパソコン
  2. 標準型ノートパソコン
  3. 標準型ノートパソコン
  4. 標準型ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. 標準型ノートパソコン
  7. 標準型ノートパソコン
  8. 標準型ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. 標準型ノートパソコン
  11. 2 in 1ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. スマートフォン関連製品
  14. 標準型ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. 標準型ノートパソコン
  17. 標準型ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン

関連コンテンツ

ガジェットレビュー 一覧

  • この記事を書いた人

raim1030

ゲーム&3Dモデル制作が趣味!

-ゲーム関連, ニュース
-, , , , , , , , , , ,