現在実施中の人気セール!

1

BTOパソコン・ゲーミングPCの販売を手掛ける大手通販ショップ『マウスコンピューター』。 同サイトにおいて、RTX4000&3000台のハイエンドグラボを搭載したゲーミングPC等について、最大50,0 ...

フロンティア ボーナスセール超絶 2

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、ハイエンドゲーミングPCをお得な割引価格で購入できる『ボーナスセール 超絶 ...

フロンティア 夏の総力祭セール 3

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、RTX3000台およびRTX4000台など、人気の高いグラフィックボードを ...

Amazfit Bip 5 Unityレビューアイキャッチ画像
※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

ガジェットレビュー スマートウォッチ・バンド

『Amazfit Bip 5 Unity』レビュー、見た目・機能・価格のいずれも優れた高コスパスマートウォッチ

レイ(管理人)

最新ガジェット大好きな中国在住WEBコンテンツクリエイター。日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

2024年6月11日(火)、日本国内向けにAmazfitの最新スマートウォッチ『Amazfit Bip 5 Unity』(アマズフィット ビップファイブ ユニティー)がリリースされた。

一般販売価格は11,900円(税込)となっている。

1万円前後というリーズナブルな価格に対して、高級感のあるスタイリッシュなデザインが特徴的。マイク&スピーカー内蔵で音声通話に対応、Amazonアレクサも搭載しているなど、充実したスペック構成のモデルとなっている。

今回、Zepp Health Corporationより本製品(チャコール色)を提供していただいたので、実際に使用した感想を基にレビューしていきたいと思う。

見た目・機能・価格のいずれも優れた高コスパスマートウォッチ

今回紹介する『Amazfit Bip 5 Unity』は、見た目・機能・価格のいずれも優れた高コスパスマートウォッチだ。

Amazfit Bip 5 Unityアイコン画像

【Amazon限定割引クーポンコード】

  • 通常販売価格:11,900円(税込)
  • 5%OFFクーポンコード:AmazfitBip11
  • ページ割引クーポン:5%OFF
  • 合計割引率:10%OFF
  • 最終価格:10,710円(税込)
  • クーポンコード有効期限:2024年6月11日(火)~ 2024年6月28日(金)まで 
ブランド Amazfit(アマズフィット)
モデル名 Amazfit Bip 5 Unity(アマズフィット ビップファイブ ユニティー)
カラー グレー、チャコール
画面サイズ 1.91インチ
解像度/PPI 320×380 / 260ppi
内蔵センサー 健康:BioTracker PPG 生体センサー
運動:3軸加速度センサー
測位システム 非搭載
通信規格 Bluetooth 5.2、BLE
防水規格 IP68
搭載OS Zepp OS 3.0以上
対応OS Android 7.0 以上、 iOS 14.0 以上
対応アプリ Zepp
マイク 搭載
スピーカー 搭載
音声通話 対応
サイズ 45.8×37.08×10mm(心拍ベース除く)
重量 約39.5g(バンド含む)/約25g(バンド除く)
タッチスクリーン 2.5D強化ガラス+指紋防止コーティング
ボディ素材 ステンレス・スチール製ミドルフレーム
バンド素材 抗菌液状シリコン
バンド幅 22mm
バンド長 155mm ~ 210mm
バンド仕様 クラシックピンバックル
バッテリー容量 300mAh
バッテリー持続時間 最大11日間(標準使用)
充電時間 約2時間

Amazfit Bip 5 Unityのスペック紹介画像

45.8×37.08×10mmの筐体に1.91インチの大きめなディスプレイを搭載。320×380 / 260ppi解像度対応のディスプレイは見やすく、操作しやすい。2.5D強化ガラス+指紋防止コーティングの施されたスクリーンのおかげで、汚れや衝撃にも強く、常に綺麗で見やすい状態で利用できる。

ディスプレイ仕様

カラーはグレー / チャコールの2種類を用意。筐体素材にはステンレス・スチール製ミドルフレームを、バンド素材には抗菌液状シリコンを採用しており、スタイリッシュかつ高級感のあるデザインとなっている。

軽量かつスタイリッシュなデザイン

▼70種類以上のウォッチフェイスから自由に選択・変更可能。気分や服装に合わせてデザインを刷新できる。

ウォッチフェイス変更可能

コンパクトかつ軽量な筐体サイズに対して機能は充実しており、心拍数や消費カロリーの計測といったヘルスケア機能はもちろん、血中酸素レベル測定や睡眠モニタリングなどの健康管理機能をもれなく利用可能だ。

ヘルスモニタリング機能説明画像

そしてスポーツ時の運動計測機能も充実しており、120を超える種類の運動に対応している。IP68等級の高い防水規格に対応しているため、ウォーターアクティビティ計測にも利用できる。Google FitやApple Healthなど、サードパーティのフィットネスアプリと連携してデータを同期することも可能。

スポーツ計測説明画像

スピーカー&マイクを搭載しており、ウォッチ越しに通話を楽しんだり、Amazon Alexa(アレクサ)を利用することも可能。

Bluetooth通話対応

スマートウォッチ自体にZepp OS 2.0が搭載されており、スマホ通知確認、天気、コンパス、気圧高度計、Alexa(日本語対応)、通知クイック返信(Androidのみ)、リモート撮影、会員カード(お気に入り店舗のショップカードのポイントコードなどをウォッチに追加)、TO-DOリスト、アラームなど、実用性の高い多くの機能を豊富に取り揃えている。アプリストアから最新のアプリを自由にインストールすることも可能だ。

アプリ追加

そして300mAhのバッテリーを内蔵しており、通常利用であれば約10日間、省電力モードであれば最大26日間もの連続使用が可能。充電速度も素早く、約2時間で満充電を完了できるなど、利便性に優れたスマートウォッチとなっている。

バッテリー容量説明画像

製品本体および付属品

▼外箱の様子

外箱の様子

箱を開けた様子

▼内容物をすべて取り出した様子。

内容物一覧

内容物一覧は以下の通り。

【内容物一覧】

  • Amazfit Bip 5 Unity本体
  • ユーザーマニュアル
  • 充電ケーブル

▼ユーザーマニュアルは日本語にも対応。

ユーザーマニュアル

▼スマートウォッチ本体の外観。45.8×37.08×10mmの筐体に、1.91インチの大きなタッチスクリーンが搭載されている。

スマートウォッチの外観-正面

▼タッチスクリーンには強化ガラス+指紋防止コーティングが施されており、頑丈で汚れづらい。

スマートウォッチの外観-ディスプレイ

▼真横から見た様子

スマートウォッチの外観-左側面

スマートウォッチの外観-右側面

▼右側面にはファンクションボタンが用意。ボタンの機能はアプリから自由にカスタマイズ可能だ。

ファンクションボタン

▼後ろから見た様子。バンドは抗菌液状シリコン製で、仕様はクラシックピンバックルとなっている。

バンドの様子

▼バンドを展開した様子。

バンドを展開した様子

バンド上部

バンド下部

▼裏面の様子。

バンドを展開した様子-裏面

▼裏面の手首にあたる部分には、装着者の生体情報を読み取る端子と、充電ポートが用意。

生体情報読み取り端子

ウォッチ本体部分はステンレス・スチール製ミドルフレームで構成されており、スタイリッシュなデザインで見た目的にも質感的にも高級感がある。

ディスプレイのエッジ部分

筐体素材

社交の場に装着して行っても、全く支障のないオシャレさとなっている。

マグネット式充電でバッテリーを高速回復

本製品付属の充電ケーブルは、マグネット吸着式となっている。

充電の際は、スマートウォッチ背面のポートにケーブル端子を近づけるだけでカチッと磁石で吸着し、充電が開始される。

充電ケーブルとスマートウォッチ

充電ケーブルを接続した様子

充電ケーブルとスマートウォッチ

いちいち端子を手探りで探して接続する必要もないため、普段からストレスなく充電を開始出来る。

充電速度は非常に速く、バッテリー残量がゼロでも、2時間ほど給電を行うことで満充電まであっという間に回復させることが可能だ。

ちなみにバッテリー自体の持ちも良く、筆者の場合は2週間に1回ほど充電を行うだけで、支障なく使用継続できた。

いちいち頻繁にバッテリー残量を気にしたり、頻繁に充電する必要が無い点は非常に嬉しいし、実用的だ。

公式アプリのインストールでスマホと同期

本製品の利用を開始する際は、スマートウォッチと連携したいスマホやタブレット端末へ、事前に公式アプリをインストールしておこう

▼公式アプリ(iOS・Android対応)

Zepp

Zepp
開発元:Huami Inc.
無料
posted withアプリーチ

側面のファンクションボタンを長押しするとスマートウォッチが起動し、ペアリングスタンバイ状態となる。

▼インターフェースは当然、日本語にも完全対応している。

日本語に完全対応

アプリ(スマホ・タブレット端末)とのペアリングが完了すると、端末上でスマートウォッチの状態を確認したり、データの分析や機能のカスタマイズなどを行うことが可能となる。

▼アプリでQRコードを読み取り、ペアリング開始。

ペアリング用QRコード

あとはアプリ画面上の手順に従って接続を完了させよう。

本製品を使いこなすうえで必須のアプリなので、初起動時に必ずインストール&ペアリングする必要がある。

▼アプリのメイン画面。

アプリのメイン画面

▼アプリ上には、ウォッチの機能に関わる非常に豊富な設定項目が用意。自身の使い勝手が良くなるよう、柔軟な調節が可能だ。

ウォッチ機能一覧

非常に快適な着け心地

本製品の装着感は実に快適であり、シリコン製のバンドが手首へ柔軟にフィットする。

▼強めに締め付けた場合でも、皮膚との擦れなどはほとんど生じなかった。

ウォッチ装着の様子-正面

ウォッチ装着の様子-斜め手前から

▼バンド長は155mm ~ 210mmであり、どのような太さの手首にも柔軟にフィットする。

ウォッチ装着の様子-横からの視点

ウォッチ装着の様子-裏面からの視点

このように、普段から自然な気分で装着し続けることが可能となっている。

本体重量がバンドを含めて約39.5gと非常に軽いため、長時間装着し続けても腕の疲れを生じなかった

そしてIP68の防水規格で設計されているため、装着した状態で手洗いを行ったり、シャワーを浴びても故障することはない。

ウォッチ本体に水を当てている様子

バンドに水を当てている様子

ただし温水はNGのため、風呂場やサウナ等での使用は避けよう。

Zepp OS搭載で非常に豊富な機能を利用可能

ウォッチ使用開始状態

本製品には、一般的なスマートウォッチ以上に豊富な機能が用意されている。

ホーム画面から上下左右にスワイプしたり、ファンクションボタンを押すことで、各アプリや機能を利用できる

▼Apple Watchに似たインターフェースデザイン。

ウォッチ搭載アプリ一覧1

ウォッチ搭載アプリ一覧2

ディスプレイ上に表示するウィジェットは、連携済みの公式アプリ上で自由にカスタマイズ可能だ。

▼ファンクションボタンに割り当てる機能も自由にカスタマイズ可能。

ファンクションボタンの利用

ヘルスケア機能全般からアラーム、メッセージ&着信通知、天気予報、そのほか便利機能など、一般的なスマートウォッチで利用できるほとんどの機能が用意されている。

▼現在地のリアルタイムの天気、週間天候情報を確認できる。

天気情報

天候情報

週間天気情報

▼ウォッチはマイク&スピーカーを内蔵しており、Amazonアカウントと連携することで、Alexa(アレクサ)を利用可能。

アレクサ利用画面

アレクサ利用中

▼音楽操作機能も搭載。連携中のスマホの音楽に対し、再生/停止、音量調整、曲送り/戻しといった操作を行うことが出来る。

音楽操作画面

また、「会員カード」という機能が用意されており、登録済みのQRコードをウォッチ上へ瞬時に表示させることが出来る。

▼アプリ上で、会員証などのQRコード、もしくはバーコードを登録。

コストコの会員カード-表面

コストコの会員カード-裏面

カード登録画面そしてスマートウォッチと同期することで、ウォッチ上で会員証のQRコードやバーコードを表示させることができる。

カード選択画面

コストコカード表示

この機能をうまく活用することで、電子名刺交換や、一部のQRコード決済などをスムーズに行えるようになるだろう。

Zeppのアプリストアから機能を自由に追加可能

本製品はZepp OSを搭載しているため、アプリ上のストアから様々な機能を自由に追加することが出来る。

▼公式アプリストアから、豊富な機能を自由に追加可能。

アプリストア

ユニークな機能も用意されており、新しいものがどんどん更新されている。今後も新機能が続々と更新されることが予想され、デフォルトで多機能なだけでなく、拡張性にも優れたスマートウォッチとなっている。

バリエーション豊かな時計版

アプリから70種類を超える無料テーマをインストールすることで、スマートウォッチのホーム画面(時計盤)のデザインを自由に変更することも可能だ。

▼有料/無料を含め、公式が配布するテーマをオンライン上からインストールすることが出来る。

ウォッチフェイス選択画面

クール系からビジネス系、デザイナーズ系まで幅広いバリエーションが用意されており、常に新しいテーマが更新されている。

▼デザイン性を重視するか、見やすさを重視するか、好みのテーマを適用しよう。

ウォッチフェイス1

ウォッチフェイス2

ウォッチフェイス3

高度な健康管理が可能

本製品では、公式アプリと組み合わせることで高度な健康管理を行うことが出来る。

運動(ワークアウト)計測

本製品は120種類以上の運動(ワークアウト)の記録・計測に対応している。

ワークアウト計測画面

▼思いつく限りの多彩なアクティビティ計測に対応。

多彩なワークアウト計測に対応

▼なかには「eスポーツ」などの種目も計測対象として用意されている。

eスポーツの計測画面

IP68等級の防水規格を備えているため、マリンアクティビティ計測にも活用できる。

ウオーターアクティビティ計測にも対応

運動終了後は、ワークアウトデータを保存し、スマートウォッチ上やアプリ上でいつでも過去の記録を閲覧することが出来る。

ワークアウト計測結果

▼アプリ上では、連携中のスマホのGPSを利用したルートトラッキングなど、詳細なワークアウト情報を確認可能。

ルートトラッキング結果

このように、自身がどの程度の運動を行ったかを詳細に確認できるようになっている。

記録として積み上げていくことで、今後のモチベーション維持にもつながるだろう。

健康モニタリング機能

本製品には健康モニタリング機能が備わっており、ストレス・睡眠・心拍数・血中酸素飽和濃度などの数値を24時間監視(トラッキング)し、データとして可視化・保存しておくことが出来る。

健康モニタリング機能1

▼危険値を検出するとアラート(警告)を発する機能も搭載。

健康モニタリング機能2

▼ウォッチ上でも自身の健康情報を即座に測定できる。

心拍数測定結果

血中酸素飽和濃度の測定結果

▼ワンタッチで各健康パラメータを一括測定できる便利な機能も用意。

ワンタッチ計測画面

ワンタッチ計測結果

日々の健康状態が可視化されることで、体調管理を意識することができ、生活習慣を正すことで健康促進にもつながるだろう。

▼健康値に関しても、運動結果と同じくアプリ上でグラフ化して確認できる。

健康測定結果のグラフ化

上記で紹介した以外にも、ストレス管理機能や、女性の方向けに生理周期の記録機能なども用意されている。

本製品を使いこなすことで、日々の健康習慣を改善・向上させることが出来るだろう。

外部アプリとの連携も可能

Zeppアプリはヘルスケアやadidas Running、Stravaといったサードアプリとの連携に対応しており、今までに記録してきた健康データ、運動データを共有できる。

サードパーティアプリとの連携画面

複数アプリで健康管理を行いたい場合にも便利な機能だ。

通知連動機能がとても便利

スマートウォッチを利用している中で、個人的に最も重宝している機能が "スマホ通知連動" である。

通知設定画面

これはスマホ上に通知された着信、メッセージ受信、その他SNSアプリ等のプッシュ通知を、スマートウォッチ上でも確認できる機能だ。

メール着信通知

この機能を利用すると、音声着信はもちろん、メッセージ受信時に内容を確認することも可能となる。LINEやSkype、E-mailなど、メッセージアプリで届いたテキストの内容をディスプレイで確認することもできる。

▼大きな高解像度ディスプレイのおかげで、小さな文字まで明瞭に描画されて見やすい。

着信メール内容の確認

各種通知をスマートウォッチ上で確認できるため、スマホを出さずとも内容を把握することが出来るようになる。

▼アプリごとに通知のON/OFFを切り替えられる点もGOOD。

通知アプリ切り替え画面

実際に利用してみると、実に便利で重宝する機能だ。

ウォッチ越しでの通話に対応

本製品はマイク&スピーカーを内蔵しており、スマートウォッチ越しに会話(通話)を楽しむことが出来る。

▼通話機能を利用する場合、専用のBluetooth接続を行う必要がある。

Bluetooth接続設定画面

▼アプリ側でBluetooth通話をオンに。

音声通話機能オン

▼スマートウォッチ上で番号を入力してコールをかけることも出来る。

番号ダイヤル画面

実際に通話を行ってみたが、マイク&スピーカーの質は良好。スマホのスピーカーフォン状態で会話する場合と同様の、明瞭な会話を楽しむことができた。

スマホをいちいち手繰り寄せずとも、通話を楽しめる点は魅力的だ。

『Amazfit Bip 5 Unity』のまとめ

Amazfit Bip 5 Unityアイコン画像

今回紹介した『Amazfit Bip 5 Unity』について、特長をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • 軽量で快適な装着感
  • 大きめで操作しやすいディスプレイ
  • スタイリッシュで高級感もあるデザイン
  • Zepp OS搭載で非常に充実した機能を利用可能
  • IP68等級の防水規格に対応
  • 24時間の健康モニタリング機能
  • 長持ちするバッテリー
  • 通話機能に対応
  • 比較的リーズナブルな価格

悪かった点

  • 決済機能に非対応
  • 測位機能を非搭載

以上の通り、見た目・機能・価格のいずれも優れた高コスパなスマートウォッチとなっている。

血中酸素測定や睡眠モニタリング機能をはじめとした多くの健康管理ツールが用意されており、普段から自然と健康を意識出来るようになるだろう。何よりZepp OS搭載で、続々と配信される新機能を追加できるため、拡張性にも優れている。

ウォッチ内にマイク&スピーカーを内蔵しているため、ウォッチ越しに音声通話を楽しんだり、Amazon Alexa(アレクサ)を利用することも可能。各種通知機能も便利であり、いちいちスマホを取り出さずともウォッチ上で大抵の作業を行うことが可能だ。

バッテリーの持ちも良好で、よほどヘビーに利用しない場合は、2週間近く充電なしで利用し続けることができた。

そして何より、ウォッチ自体のデザインが洗練されており、見た目的にも質感的にも高級感がある。満足度の高い所有感を味わえるだろう。

1万円前後というリーズナブルな価格に対して全体的にクオリティが高く、買って後悔しないモデルだと感じられた。

できるだけ安価で実用的な性能のスマートウォッチを探しているのであれば、ぜひ本製品を試してみてはいかがだろうか。

【Amazon限定割引クーポンコード】

  • 通常販売価格:11,900円(税込)
  • 5%OFFクーポンコード:AmazfitBip11
  • ページ割引クーポン:5%OFF
  • 合計割引率:10%OFF
  • 最終価格:10,710円(税込)
  • クーポンコード有効期限:2024年6月11日(火)~ 2024年6月28日(金)まで 

▼こちらの記事もオススメ

『Amazfit Active Edge』レビュー | 防水・耐衝撃で機能の充実したオールラウンドなスマートウォッチ

2024年3月29日(金)、日本国内向けにAmazfitの最新スマートウォッチ『Amazfit Active Edge』(アマズフィット アクティブエッジ)がリリースされた。 一般販売価格は19,90 ...

続きを見る

『Amazfit Active』レビュー | 軽量&スタイリッシュ!機能が詰め込まれた高性能スマートウォッチ

2023年12月6日(水)、日本国内向けにAmazfitの最新フラグシップスマートウォッチ『Amazfit Active』(アマズフィット アクティブ)がリリースされた。 一般販売価格は21,900円 ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. PCソフトダウンロード
  3. タブレット
  4. シャオミのRedmi Pad SE(4GB+128GB)を購入すると純正スタイラスペンを1つ無料でプレゼント
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. PCソフトダウンロード
  9. タブレット
  10. Xiaomi 13T ProとXiaomi Pad 6を同時に購入するとどちらも20%オフに
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. スマートフォン関連製品
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. 電子玩具・キッズ家電
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ミニ
  2. ミニ
  3. ミニ
  4. タワー
  5. タワー
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. ミニ
  9. タワー
  10. ミニ
  11. ミニ
  12. ミニ
  13. ミニ
  14. タワー
  15. ミニ
  16. タワー
  17. タワー
  18. ミニ
  19. ミニ
  20. ミニ
  1. 標準型ノートパソコン
  2. 標準型ノートパソコン
  3. 標準型ノートパソコン
  4. 標準型ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. 標準型ノートパソコン
  7. 標準型ノートパソコン
  8. スマートフォン関連製品
  9. 標準型ノートパソコン
  10. 標準型ノートパソコン
  11. 標準型ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. 標準型ノートパソコン
  17. 標準型ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン

関連コンテンツ

ガジェットレビュー 一覧

  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好きな中国在住WEBコンテンツクリエイター。日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-ガジェットレビュー, スマートウォッチ・バンド
-, , , , , ,